看護師 辞めたい 人間関係 

人間関係は、時にどうとでも変わってしまうものです。

現に私は、人間関係が原因で退職したのですか、
採用された当初の人間関係は非常に良いものでした。

病院の風潮が自由なイメージで働きやすく、
そんな環境だけに、みんな仲が良く楽しく笑顔で業務をこなしていました。

それがある時、それまでの上司が退職、
新しい上司に変わった事で事態は一変しました。

毎日の業務の締め付け、必要なのか疑問を持ちたくなるようなレポートの提出、
不当な部署異動に今までいた看護師が一人また一人と少しずつ職場を退職していきました。

さらには退職した人員も補充しなかったため、
現場は混乱、ほぼ残業もなく、働くみんなが気持ち良く定時で交代出来ていたものが、
あっという間にサービス残業の嵐へと巻き込まれてしまいました。

仲良く10年以上の時を過ごして来た看護師仲間とも、
いつしか言い争いが耐えなくなり、平常心を保つ事が出来ず、
毎日イライラしているもの、インシデントを起こしてしまうものも、
後を断ちませんでした。

私もその一人になった時、辞める決心が付いたように思います。

現場が辛くなって逃げ出すようだと考えた事もありましたが、
それよりも、最悪な環境に変わってしまった現場に女々しくしがみついているより、
もっと働きやすい職場をどうしても探して、それを自分自身で証明したかった。

もっと良い人生を見つけるために、
今までの現場を捨てる事にしたという気持ちが強かったと思います。

今後の職場を考えた時に、私は人間関係について、
逆に少しも怖くなくなりました。

なぜなら、人間関係はどうとでも変わるという見解にたどり着いたからです。

今は良くても働いている内に悪くなるのなら、
その反対もあるということに気がつき、そう考えると、
誰と接しても一緒だと思いました。

人間関係の良いところをと、次の職場を探して居ましたが、
人間関係なんて、どこも一緒だと思うことにして、
今後は飛び込み、その後は自然体で接していけば良いのではと、
強く感じました。

長く続けられる職場とは、
そのような縁がある職場だと私は考えます。

看護師 辞めたい 看護師辞めたい

看護師 辞めたい 

辞めたい転職したい気持ちは
もしかしたら常に持っている看護師さんの方が多いように思います。

私もそうでした。

しかし、いざ辞めようかと考えると、
何故か行動出来ませんでした。

やはり仕事を辞めるなんて恥、
そのような気持ちがどこかにあったんでしょうね。

辞めたくても辞められませんでした。

今ここで転職してどうなのだろう、仕事がなかったらどうしよう、
そのような事をとにかく考えては、内に秘めて毎日仕事に行っていました。

看護師を辞めたいわけではなく、職場の環境がとにかく合わず、
どうしたらいいのか、しばらくは何も考えられない日々も続きました。

始めて勤めた病院だったので、
実際、辞めるということがどういう事かさえも分からずにいました。

辞める時の手続きなどもろもろ考えると面倒で、
なかなか先に進めなかったのも事実です。

しかし、そんな想いとは関係なく、
辞める日は来るものです。

日々のストレスからついに体調を崩してしまい始めて欠勤、
その次の日に退職したいと報告、次の日からもう職場には行きませんでした。

あくまでも私の考えですが、辞めたい辞めたい看護師を辞めたいと強く思っても、
現在の職場と何かしらの縁が続いているうちは辞められないように思います。

しかし、退職の時は自然に訪れます。

もうここが辞め場所みたいな…。

ですから心を今一度ラクにし、
強く辞めたいと望んでいたとするなら自然に身を任せてみてはいかがでしょうか。

今辞めたくても辞められないならば、
せめて、そう考えると少しだけ気持ちが楽になるように思います。

看護師 辞めたい 転職看護師辞めたい

看護師 辞めたい

クリニックで働く看護師さんの悩みの種は人間関係です。

そういった話を良く聞きます。

少人数なことが一番の原因だとも思いますが、
職場の1人と合わなければ、
もう、そこでは働けないと思うほど辛いことになります。

私は以前、医院長含め、5人のクリニックで働きましたが、
当然ですが人数ギリギリ、一人でも欠けるとテンテコ舞い、
体調を崩し、休もうものなら何ヵ月も嫌味を言われ続けるような
最悪の職場でした。

しかし、現在は、その対局の職場に居ます。

一般病棟ですが、みんな仲が良く、合わない人が居ないわけではないですが、
それ程害はありません。

クリニックは医院長や、そこに長くいる仙人みたいな看護師に適応出来れば、
働きやすくなると思いますが、
上手く適応出来なければ本当に大変な思いをしてしまいます。

その点、大きな病院は大変な部分はありますが、
人間関係の部分では人が多いので、1人や2人合わない人が居ても、
他にグチって気を紛らわせる事ができる点は良いと思います。

今後は、またクリニックを探すが夜勤のある病棟を選ぶか
難しいところですが、人間関係が苦手な方は病棟の方が、
長く働ける可能性が高いように思います。

その点を慎重に見極め、
じっくり情報をリサーチしていただければと思います。

看護師が注目する無料転職サポートならこちら

 

看護師 辞めたい

考えていた看護師像と全く違っている。

苦痛を感じながらずるずる出勤しているだけの毎日で、
結局、今まできた。

自信のなさから、誰かに相談できない、
そのせいで周りから浮いてしまっている状態。

逃げ道のない暗いどん底にいるように感じる。

あと半年は、もう耐えられない。

このように感じることがあるのではないでしょうか。


やめることは逃げること…。


看護師 やめたい

しかし、辞めずにいるのは、
辞めることを、その場から逃げることとの考えを
心の片隅に持ってしまっているのではないでしょうか。

実は、上記の感情は私が辞める間際のどっちとも言えない時期の感情です。

世間体を気にして辞められない、生活を気にしてやめられない、
その後が不安で辞められない!でも今すぐでも辞めたい、
このまま今すぐ帰りたい…。

このような感情ばかりが交差する毎日で、体に良いわけもなく、
ある日私は倒れちゃいました。(^^;

それをキッカケに本気で決心がついたというか、
もうダメだと心が折れてしまったという方が正しいかとも思いますが、
退職しました。

何とも言えない悶々とした日々に終止符を打つと、
人はそれなりに行動するものです。

今ではちゃんと違うところに就職し、
充実した日々を送れているのですから…。

もっとも、これからまた、どんなふうに変わっていくのかは分かりませんが…。^^

逃げるようで辞められないという思いがもしもどこかにあるのならば、
本当はそれを本気で悩んでいる場合は、
このように考えてみてはどうでしょうか。

逃げるための退職ではなく、毎日を楽しいものに変えるための退職だと…。

環境を変えるのはまた怖い。

劣悪な環境でさえ変えるのが怖い。

私、あまりにひどい状況に毎日立たされ、それでも通っているのはなぜなのかと、
自分で自分に問いかけたこともあります。

何でいるの?何で辞めないの?って。


力を使う方向を変えた…。


看護師 辞めたい 耐えられない

新しいものを見るのが怖い、面倒、抵抗がある、
新しい世界が怖いからだということに気がつきました。

でも実際は、新しい世界こそに刺激が有り、幸せがあり、
ときめきもあるのだと感じました。

すべてを集約して振り返るとしたら、

劣悪な環境で耐え続けることを頑張ることより、
長く働ける良い環境を探すことを頑張ったというだけのことかもしれません。^^

看護師 辞めたい
看護師辞めたい

看護師 やめたい

なぜか続かない病院、診療所というものはあるものなんです。

ですから、退職してしまったことを
あまり気に病まないほうがいいかと思います。

私も何回も転職した後、
やっと今の職場に落ち着きましたが、
どうしても馴染めない環境、どうしても合わせられない人間て、
やっぱりいるんですよね~。

それを笑ったり、なるべく避けたりでやり過ごせるのなら良いのですが、
その人とふたりで組まなければならない、例えばそれが上司や先輩なら、
やはり限界が来てしまう人は多いと思います。

たぶん辞めたのは自分のせいに思えてそうじゃないと思いますから。

採用された当初から、すでに違和感があったのではないでしょうか。

同じ想いで早期に退職してしまう看護師さんは、
もしかしてあなただけだと思っていませんか?

いえいえ、他にもたくさんいますので。

看護師さんの職種に限らずですよ。

ですからあまり下を向かず、
前向きに次を調べましょう。

次行ってみよう次です。^^

看護師辞めたい