看護師 辞めたい 

始めて勤めた病院。

辞めたくないという気持ちも半分くらいありました。

しかし、どうしても馴染めない職場、就職してすぐに上司が変わり、
必要にパワハラを受け続けていたことで、もう辞めたいと思いました。

周囲にも心を許せる人がいない、悩みを相談できる同期もいない、
どこかいつも孤独感を感じて居たことが、
もう辞めたいと日々考えてしまう理由かもしれません。

自分の時間が持てない、夜勤が辛い、そのことより、
慣れることの出来ない環境に居るのが何よりつらく感じ始めたら、
もうこれ以上居られないと思う事は反対に普通だと思いました。

頑張っても頑張っても裏目に出てしまう、受け入れてもらえない、
出勤時に顔を思い出すだけで吐き気や冷や汗が出るのは、
どう考えても限界なのだろうとその時思いました。

それから何ヵ月かは我慢しながら出勤しましたが、
仮病を使って休んでしまった時、今後の事を本気で考え、
退職を選びました。

仮病といっても、いつも胃が痛かったのは事実ですが、
休むほどではない、いつもはそれでも出勤していましたから、
私の中では仮病だと思いました。

期間が短かったので、上司の方も、特に引き止めることもなく、
ご苦労様と言われました。

これが現実だと受け入れることで、
次はしっかり探さなきゃみたいな気持ちが沸いてきたのを覚えています。

せっかく看護師資格という採用されやすい資格を取得しているのですから、
辞めても、まあ大丈夫でしょうみたいなところはありました。

決まらなければアルバイトをしながらチャンスを待つつもりでした。

看護師辞めたい

新人看護師辞めたい 40代

アラフォーから看護師へ。

40歳から違う分野に飛び込む事は、
想像していたより本当に大変でした。

当たり前ですが、とにかく謙虚になる必要があると思い、
腰を低く低く、年下の上司や先輩に接していました。

しかし、中にはケンカ腰で接してくる人間もいましたので、
それが一番大変だったと当時を振り返ることがあります。

それが理由でトラブルになり、
せっかく採用された場所をすぐに辞めてしまったこともありました。

幸い、すぐに違う場所に就職は決まりましたが、
そうでなければ、かなり苦労する結果になっていたかも知れません。


できる限り調べる…。


同じ境遇のアラフォー看護師さんにアドバイスが出来るとしたら、
気になる病院、働いてみたい病院については、出来る限り調べる事をオススメします。

退職し、次を探す時に私が実行した事は、病院の患者のフリをして、
外来にずっと座り、周りを観察したりしました。

病院見学も、もちろん有効だと思いますが、
実際、見学会ともなると、やはり、
ありのままの病院の姿だったり雰囲気だったりが聞こえてこない気がするんです。

なぜかと聞かれても確証はないのですが、見学に行くともなれば、
相手だってそれなりの準備をしてきますよね。

それが無い状態の現場を見たほうが、
本来の雰囲気がしっかり分かると思うんです。

優しく対応してくれるか、さらには看護師同士の会話なんかも聞こえてきたりしますので、
本来の現場の姿が見られると思いますので、もし、いい案だと思っていただけたなら、
気に止めておいていただければと思います。

看護師が注目する無料転職サポートならこちら

 

看護師 辞めたい

新人看護師 辛い~春から働き始めた

春から働きはじめたん新人看護師にとって、
問題というのは「きつい先輩」がいることが全てだろう。

この「きつい先輩」が仕事上、不適切な言動があるのか
どうなのかという点が非常に重要で、
今後の残るのか退職するのかに繋がることは明確だ。

あなたは毎日怒られ、萎縮して自分が見えなくなってしまう、
成長してるように見える同期もまた、
同じように悩んでいるのではないだろうか。

他の同期が先輩と楽しそうな場面を見せつけられ、
自分は準備するにも細かく怒られて、
途方に暮れているという状況は察しがつく。

しかし、実際問題、人それぞれ、歩みの速さも違えば
事前の準備も違うもの。

あなたが大変な時期にいるのは事実。

今が自分の頑張りどころ、怒られるのも一つの仕事という
開き直った感覚も必要不可欠。

怒られているあなたを、
誰も人として劣っているとは思わないはず。

成長している最中というだけで、
怒られる度に自分を卑下していては心が壊れてしまうだろう。

それに手放しで怒られたり、何でも聞けるのも、新卒1,2年の特権だと
思った方がいい。

どうしたら良いのかわからない時は、
インシデントを起こさないためにも聞く。

あなたが行わなければいけない仕事の一つと考えることができたなら、
難しくはないだろう。

何でも聞けるうちは聞く、それも新人の特権と考えるべき。

しかし、明らかにこれはイジメだと言うならば、それは話が別。

そんな場所は今すぐ立ち去る方が懸命だろう。

いくら看護師になったとは言え、
理想論なんかより一番大切なのは自分の心と体なのだから。

新人看護師 辞めたい看護師辞めたい

看護師 新人 辞めたい

看護師 新人の挫折について

毎日失敗ばかり、何十回も怒られ、
同期と比較され、落ち込み、泣いてしまう毎日。

振り返りしてもしても追いつかず、
緊張で真っ白になって技術も全く成長せず、挫折してしまう新人も多い。

厳しい実習を乗り越え、勉強したのに、
辞めたくなるほど辛く、悩む日々を送る新人を目の当たりにすると、
心が痛む。

先輩看護師はどうやって、挫折を乗り越えているのか。

挫折、失敗を乗り越えるには

失敗にも種類がある。

同じ事を失敗していないだろうか?

そし、していないのなら、
次は出来きていればいいのだ。

同じ事を失敗するのなら、
何故失敗するのかをしっかり自己分析するといい。

比較される事はどこにでもあることだが、
確実に進歩するまでは辛抱するべきだろう。

緊張しすぎなども新人は誰にだってある。

初めから完璧に出来る看護師などいないのだから。

情報収集を人より時間を掛けないと出来ない場合は、早く出勤し、
今日する事、患者の今日の予定や病状を把握するとよい。

プリセプターには自分からどんどん質問するようにする。

解らない事は、恐れず何でも聞いく、
聞きづらいという壁を乗り越えることで、
ひとつ、また一つと成長するものだ。

質問も勉強もしていないと判断されれば、
やる気が無いとみなされる世界は何も医療の世界だけではない。

途中で辞めてしまうから挫折になる。

続けることで、それは過程になり、
やがて勝ちになるのだ。

看護師辞めたい

新人看護師 辞めたい

いじめで辞めた新人看護師、退職転職を知る採用側は

転職ですね。

いじめが原因で辞めたんですね。

看護師を採用する側の話を聞くことができました。

もちろん、ひとつの意見として参考にしていただければと思いますが、結論から言うと、「いじめが理由で辞めました」と面接で、あなたが面接官に言ったとしても、それが原因で採用するかしないかの判断をすることはないそうです。^^

一番はあなたの印象がどうかということで決めるそうです。

例えばあなたがいじめの体験談を面接官に話したとしても、あなたが本当に辛かったから前向きに生きるために転職の決断を下したことが伝われば、それはそれで採用だそうです。

判断基準としては、あなたと採用側が合うかどうか、やっていけるのか、やる気があるのか、そのへんが重要なのだということです。

採用側も、しっかりした人に心から来て欲しいのです。

未経験でもOKの職場なら尚更、あなたの経験より、あなたの人柄を重視しているのです。

採用側、先輩看護師も必死なのです。

あなたにせっかく教えても、すぐに辞められたら、その時間が無駄になってしまいます。

ですから、あなたはきっとそうだと思いますが、腰を落ち着けて長く働きたいという事をしっかり伝えることができれば、良い結果が出るのではないかと思います。^^

しかし、正しい答えはありません。

転職は運やタイミングも必要ありますよね。

もしかしたら、あなたがここに来てくれたのも、 何かのタイミングかもしれないですね。^^

そうじゃないと、 直接、ほかの看護師専門のHPに行き、私のところには来なかったのではないでしょうか。

新人看護師 転職

トップページに戻る