新人看護師 退職 2014

仮に4月に入職して4月末で辞職したとしても、新しい職場を見つけられると思います。

あなたに力がないわけではなく、全部悪いわけでもない、行った職場がたまたま合わなかった、だから見切りをつけた、そう考えて前に進んでください。

変わったことをすると、弱い自分が必ず襲ってきます。

一番の敵は、前の職場の先輩でも、同僚でも、これから出会う面接官でもない、弱い自分です。

弱気になった自分に負けてしまってはおそらく何にも太刀打ちできないでしょう。

あなたが1日でやめようが、3日で辞めようが、前向きな転職だということを心から相手に伝えてください。

そして 「経験がほぼ無いに等しい状態で指導してもらえるでしょうか?」と質問してください。

面接時の相手とあなたは対等です。

相手も本気で勤めてもらえる仲間を探しているとするなら、あなたも本気で勤められる職場を探してやってきたはずです。

臆することなく向かっていってください。

あなたは何も悪いことをしたわけではないのですから。

しかし、一から指導してくれる体制が整っている職場は、病院によりまちまちなのが現状です。

一番大切なことは、今の自分の現状をしっかり話し、新卒者と同様に指導してもらえるのかということをはっきりとどこの面接でも聞けるかということです。

あなたの現状をしっかり受け止めてくれる職場は、逆に言えば間違いなく、いい職場かもしれません。

私は「一からご指導いただけますでしょうか」と面接時に伝えました。

その甲斐あってなのか、現在は、新人カリキュラムに混ぜて参加させていただきました。

転職して良かったかどうかは、これから暫く働いていき答えが出る部分もあると思いますが、現状を自分の力で変えられたことは大きな財産になりました。

人間関係に関しては、どこにいてもいい人もいればそうでない人もいると思って割り切るようにしました。

一つの職場を経験し、また別の職場で働くこともあるかと思いますが、これも人生の経験ですよね。

前の職場と様々な比較ができますし、退職してもマイナスに捉えず、プラス方向転換してください。

転職は自分の財産になります。