新人看護師 頭痛nurse1

新人看護師 ストレス要因~頭痛に悩む日々

急性期からの配置転換を申し出たが受け入れてもらえず、
転職を考える新人看護師が増加中とのこと。

オペ室や救急外来や救急期病棟は、
合う人と合わない人がいるのも確か。

ある看護師は資格を活かし、急性期病棟から療養型に移る、
ある看護師は内科のこじんまりしたクリニックに転職したり、
訪問看護に道に進んだりと、
転職によってイキイキと活躍している看護師も沢山いるのも、また確かなこと。

急性期に勤め、そのスピードについていけないの新人看護師は、
あなただけではなく、普通にいるのだと知ってほしい。

したがって、たとえ退職に至ったとしてもあまり落ち込む必要はない。

ストレスに悩むa0002_004054

頭痛は精神的ダメージのサインかも。

体調不良は精神的にも、身体的にもかなり辛いものだ。

身体の辛さはさほど辛さを感じないかもしれないが、
精神的にやられると立ち直るの何年もかかるケースがある。

精神時なものは一度なると非常にタチが悪いものだ。

もしかしたら頭痛も精神的ダメージのサインだと受け止めたほうが得策だ。

あとはこの先、自分がどこまで頑張れるかにかかってくる。

もう駄目だと思ったときに相談できる相手がいれば、まだ頑張れるのかもしれないが、
いないとかなりつらいし、体調不良、特に頭痛は苦しいものだ。

本当の意味で悩みを通り越し、
辞めたくなったときが辞めどきなのかもしれない。

看護師さんに知ってほしい片偏頭痛
http://zutsu.jp/medical/about_headache/migrage/nurse/

退職 看護師 一ヶ月

新人看護師退職前に~労働条件通知書を確認

①労働契約の期間に関する事項。

②就業の場所及び従事すべき業務に関する事項。

③始業及び終業の時刻、所定労働時間を超える労働の有無、
休憩時間、休日、休暇並びに労働者を2組以上に分けて就業させる場合における、
就業時点感に関する事項。

④賃金の決定、計算及び支払いの方法、賃金の締切及び支払いの時期。

⑤退職に関する事項。

⑥週休に関する事項。

以上①~⑥は必ず明示し、書面交付しなければならない事項とする。

さらに①~⑤は書面で明示しないと違法となる。

定めをした場合は明示しなければならない事項

⑦退職手当の定めが適用される労働者の範囲、退職手当の決定、
計算及び支払いの方法ならびに退職手当の支払の時期に関する事項。

⑧臨時に支払われる賃金(退職手当を除く)、賞与および最低賃金額に関する事項。

⑨労働者に負担させるべき食費、作業用品その他に関する事項。

⑩安全及び衛生に関する事項。

⑪職業訓練に関する事項。

⑫災害補償および業務外の傷病扶助に関する事項。

⑬休職に関する事項。

⑭表彰及び制裁に関する事項。

以上⑦~⑭は口頭でも良い。

労働条件 新人看護師Fotolia_43516794_XS-300x200

 

労働条件が相違する場合

明示された労働条件が事実と相違する場合には、
労働者は即時に労働契約を解除することができる。

 

看護師 新人 辞めたい

新人看護師 早期離職、給料等の労働通知書とは

使用者は、労働者と労働契約を結ぶにあたって、
給与や勤務時間等の労働条件を明示する必要がある。

その際、一定の事項については、書面により明示しなければならない。

その労働条件を記載した書面を「労働通知書」という。

採用にあたり、労働条件を提示されないまま労働契約を結んだり、
また口約束だけだったため、後日、
労働条件をめぐって「聞いた、聞いてない」等の労働トラブルになる可能性がある。

そのようなことを避けるためにも必ず労働条件通知書をもらうようにしましょう。

 

新人看護師 辞めたい

病棟勤務が少なく、処置や観察を1人で行い、判断する訪問看護を行えるのか不安

確かに訪問看護は1人で訪問し、限られた時間の中で様々な作業をし、
何かあれば即座に判断・対処しなければいけません。

クライアントだけではなく、その家族へも配慮しなければいけません。

でも、訪問看護を経験されている看護師さんは口々に声を揃えて言います。

やり甲斐はあるし私はとても楽しい!と。

入社してくる看護師さんの中には、病院勤務も浅く、
点滴もCVもバルン交換も出来内容な新卒同然の看護師さんもいるそうです。

しかし、何ケ月かみっちり同行して指導もらえるような職場もあり、
その後、1人で訪問に行かせられる様に場合もあるそうです。

判断に困ったり何かあったら直ぐに電話でフォローしてくれる職場もあります。

やらずに悔やむよりやって悔やめではないでしょうか。

巷ではいろいろなことが囁かれていますが、
面接に行った際に経験は浅いけれど訪問看護への不安な気持ちを
正直に話して見るといいと思います。

たとえば、経験が足りないから厳しいと言われればしょうがないですが、
中には、STにもよりますが、気長に指導してくれる所も見つかるかもしれません。

気になるポイントを押さえて、安心のチャレンジにつなげてください。