看護師 辞めたい

新人看護師 辛い~春から働き始めた

春から働きはじめたん新人看護師にとって、
問題というのは「きつい先輩」がいることが全てだろう。

この「きつい先輩」が仕事上、不適切な言動があるのか
どうなのかという点が非常に重要で、
今後の残るのか退職するのかに繋がることは明確だ。

あなたは毎日怒られ、萎縮して自分が見えなくなってしまう、
成長してるように見える同期もまた、
同じように悩んでいるのではないだろうか。

他の同期が先輩と楽しそうな場面を見せつけられ、
自分は準備するにも細かく怒られて、
途方に暮れているという状況は察しがつく。

しかし、実際問題、人それぞれ、歩みの速さも違えば
事前の準備も違うもの。

あなたが大変な時期にいるのは事実。

今が自分の頑張りどころ、怒られるのも一つの仕事という
開き直った感覚も必要不可欠。

怒られているあなたを、
誰も人として劣っているとは思わないはず。

成長している最中というだけで、
怒られる度に自分を卑下していては心が壊れてしまうだろう。

それに手放しで怒られたり、何でも聞けるのも、新卒1,2年の特権だと
思った方がいい。

どうしたら良いのかわからない時は、
インシデントを起こさないためにも聞く。

あなたが行わなければいけない仕事の一つと考えることができたなら、
難しくはないだろう。

何でも聞けるうちは聞く、それも新人の特権と考えるべき。

しかし、明らかにこれはイジメだと言うならば、それは話が別。

そんな場所は今すぐ立ち去る方が懸命だろう。

いくら看護師になったとは言え、
理想論なんかより一番大切なのは自分の心と体なのだから。

新人看護師 辞めたい看護師辞めたい

看護師 新人 辞めたい

新人看護師 早期離職、給料等の労働通知書とは

使用者は、労働者と労働契約を結ぶにあたって、
給与や勤務時間等の労働条件を明示する必要がある。

その際、一定の事項については、書面により明示しなければならない。

その労働条件を記載した書面を「労働通知書」という。

採用にあたり、労働条件を提示されないまま労働契約を結んだり、
また口約束だけだったため、後日、
労働条件をめぐって「聞いた、聞いてない」等の労働トラブルになる可能性がある。

そのようなことを避けるためにも必ず労働条件通知書をもらうようにしましょう。