看護師 辞めたい

考えていた看護師像と全く違っている。

苦痛を感じながらずるずる出勤しているだけの毎日で、
結局、今まできた。

自信のなさから、誰かに相談できない、
そのせいで周りから浮いてしまっている状態。

逃げ道のない暗いどん底にいるように感じる。

あと半年は、もう耐えられない。

このように感じることがあるのではないでしょうか。


やめることは逃げること…。


看護師 やめたい

しかし、辞めずにいるのは、
辞めることを、その場から逃げることとの考えを
心の片隅に持ってしまっているのではないでしょうか。

実は、上記の感情は私が辞める間際のどっちとも言えない時期の感情です。

世間体を気にして辞められない、生活を気にしてやめられない、
その後が不安で辞められない!でも今すぐでも辞めたい、
このまま今すぐ帰りたい…。

このような感情ばかりが交差する毎日で、体に良いわけもなく、
ある日私は倒れちゃいました。(^^;

それをキッカケに本気で決心がついたというか、
もうダメだと心が折れてしまったという方が正しいかとも思いますが、
退職しました。

何とも言えない悶々とした日々に終止符を打つと、
人はそれなりに行動するものです。

今ではちゃんと違うところに就職し、
充実した日々を送れているのですから…。

もっとも、これからまた、どんなふうに変わっていくのかは分かりませんが…。^^

逃げるようで辞められないという思いがもしもどこかにあるのならば、
本当はそれを本気で悩んでいる場合は、
このように考えてみてはどうでしょうか。

逃げるための退職ではなく、毎日を楽しいものに変えるための退職だと…。

環境を変えるのはまた怖い。

劣悪な環境でさえ変えるのが怖い。

私、あまりにひどい状況に毎日立たされ、それでも通っているのはなぜなのかと、
自分で自分に問いかけたこともあります。

何でいるの?何で辞めないの?って。


力を使う方向を変えた…。


看護師 辞めたい 耐えられない

新しいものを見るのが怖い、面倒、抵抗がある、
新しい世界が怖いからだということに気がつきました。

でも実際は、新しい世界こそに刺激が有り、幸せがあり、
ときめきもあるのだと感じました。

すべてを集約して振り返るとしたら、

劣悪な環境で耐え続けることを頑張ることより、
長く働ける良い環境を探すことを頑張ったというだけのことかもしれません。^^

看護師 辞めたい
看護師辞めたい

看護師 パワハラ 新人

就職して1年目にいじめのターゲットにされるケースは、
なにも看護師の世界だけではない。

体調を崩し精神科に通いながら、
1年近く療養のため休むなども、新入社員にはありがちだ。

しかし、指導という名のもとに厳しくする先輩看護師は多いと思うが、
愛あるしどうなのか、パワハラなのかは、
こんなところで見分けてみてはどうだろうか。

指導ではなくて人格否定、これは人間として論外。

そんなことをしてくる人間は看護師だと誰だろうと最低の部類だ。

第一、弱い立場の新人ならなおさら萎縮してしまうし、
失敗が続いたりするのはあなたのせいではない。

看護師資格を持ってるのかすら疑いたくなる人間に対しては上に伝え、
上に伝えても変わらないのであれば、職場をかえた方がいいだろう。

免許取るために辛い実習や国家試験のために勉強して、
看護師人生を夢見てきたのに、いじめにあいながら、
自分がしたい看護の仕事もまともに出来ないのはもったいない。

そんな職場、変えたほうがいい。

開き直り、一度反撃し、自分から環境を変えることを試してみるのもの1つだが、
簡単に状況を変えるのは難しいだろう。

環境を変え、これまでにないほど仕事が楽しいなんてことになるかもしれない。

心の病になると本当に厄介なことになる。

パワハラするような人間はゴミ以下だと考えれば、
腹も立たずに、環境を変えられるのではないだろうか。

勘違いしないで欲しいのは、
嫌だから逃げるというのではなく、
こちらから捨てるのだということを忘れないでほしい。

看護師辞めたい