新人看護師 辛い

ベストな医療を提供するために多職種と協働できる看護師を目指すことが重要。

そのためにはクリニカルラダーも重要だが、
何よりも頼りになるプリセプターの存在こそが、
新人看護師が順調なスタートをきるための重要なカギを握っていると言える。

先輩看護師が新人看護師とコンビを組み、
仕事の仕方、患者との接し方、看護という仕事の本質を少しずつ学んでいくことで、
未来のプリセプターが育てられるだろう。

気軽に相談できる先輩看護師の存在

さらに仕事以外でも社会人の先輩として、
私生活で分からないことを気軽に相談できる先輩看護師の存在は、
なくてはならない存在に間違いない。

新人が現場を去る理由のひとつにそれが一つの原因だからだ。

話せる、心を許せる人間がいないことが日々の苦痛をうみ、
早期退職へと追い込んでいくのも事実だろう。

新人看護師はプリセプターの先輩に仕事の方法を繰り返し聞いたり、
些細な事でも遠慮せず質問したり、手助けしてもらいながら、
ゆっくりでも着実に成長して行ける環境によって、
臨床看護実践能力習熟段階性(クリニカルラダー)が、
初めて確立されるのだと思えてならない。

新人看護師 辛い 2014
看護師辞めたい

新人看護師 五月病

新人看護師の五月病

5月の連休を過ぎたあたりからうつ的な状態になってしまう。

4月は環境が大きく変わる季節。

新しい環境にうまく適応するのは実は非常に難しいもの。

適応しようと頑張りすぎ、うつ的な状態になることを5月病といっている。

五月病になりやすいタイプとは

i新人看護師 1ヶ月

真面目すぎる人や頑張りすぎる人、
新しい環境に一生懸命適応しようとして、
自分を抑え込んで頑張っつてしまう。

その結果、大きなストレスを感じてしまい、
五月病を発症してしまうケースが多い。

五月病にならないためには

看護師 早期退職

とにかくストレス解消を心がけること。

スポーツや音楽を聴く、読書をするなど、
自分に合ったストレスの解消法を見つけて実行。

ただし、ストレス解消とはいえ食べすぎや飲みすぎは逆効果。

反対に体を壊しかねないので注意。

看護師辞めたい

新人看護師 採用

新人看護師 採用~早期退職しても大丈夫? 

働き始めたばかりの新人看護師。
初めのうちは大きな急性期の病院で経験するべきと思い就職したが、
毎日忙しく、仕事もきちんとできずに先輩に迷惑をかけてばかり。

自分は急性期に向いていないんだ思い、
患者さんや、先輩看護師からも心無い言葉を言われる日々。

辞めてゆっくりと働ける病院に就職しなおそうかと考えてしまう。

でもやっぱりまだ早い。

半年もたたずに辞めた新人など採用してはくれない気がする。

就職できたとしても経験がないと働くのは難しいと悩む日々を過ごし、
時間だけが過ぎていく。

辞めるのは思うよりも簡単

辞めるのは簡単、もう少し続けて、様子を見る。
向いてないと言われると考えキズついてしまうのが普通。

そんな中で働く新人はよく頑張っていると感心する。

あなた自身はどうしたいか、もう心が折れそうなら辞めるのもあり。

無理して働く必要はない。

楽しく働ける職場など探せば必ずある。

どんなタイプの人でも必要としているところはあるものだから。

あまりに無理がたたると適応障害・鬱になって場合もある。

それだけは避けたいものだ。

看護師辞めたい