看護師 やめたい 2015 

デイケアの看護師求人はないか調べている神奈川の看護師さんも少なくないと思います。

私もずっとそれを調べていました。

私が調べていて感じたのは、鎌倉市、三浦市など、
横浜など、いたるところで難なく見つかるということです。

探すのを先延ばしにしたり、
保留にして後回しにしたりすることでチャンスを逃していたりしますよね。

サクサク求人を調べていくことで、1日で見つかる職場も増えていきます。

絞り込んでチェックしていくことで、良い求人に出会える運気がアップすること間違いナシ!

頑張りましょう。

看護師辞めたい

新人看護師辞めたい 40代

アラフォーから看護師へ。

40歳から違う分野に飛び込む事は、
想像していたより本当に大変でした。

当たり前ですが、とにかく謙虚になる必要があると思い、
腰を低く低く、年下の上司や先輩に接していました。

しかし、中にはケンカ腰で接してくる人間もいましたので、
それが一番大変だったと当時を振り返ることがあります。

それが理由でトラブルになり、
せっかく採用された場所をすぐに辞めてしまったこともありました。

幸い、すぐに違う場所に就職は決まりましたが、
そうでなければ、かなり苦労する結果になっていたかも知れません。


できる限り調べる…。


同じ境遇のアラフォー看護師さんにアドバイスが出来るとしたら、
気になる病院、働いてみたい病院については、出来る限り調べる事をオススメします。

退職し、次を探す時に私が実行した事は、病院の患者のフリをして、
外来にずっと座り、周りを観察したりしました。

病院見学も、もちろん有効だと思いますが、
実際、見学会ともなると、やはり、
ありのままの病院の姿だったり雰囲気だったりが聞こえてこない気がするんです。

なぜかと聞かれても確証はないのですが、見学に行くともなれば、
相手だってそれなりの準備をしてきますよね。

それが無い状態の現場を見たほうが、
本来の雰囲気がしっかり分かると思うんです。

優しく対応してくれるか、さらには看護師同士の会話なんかも聞こえてきたりしますので、
本来の現場の姿が見られると思いますので、もし、いい案だと思っていただけたなら、
気に止めておいていただければと思います。

看護師が注目する無料転職サポートならこちら

 

新人看護師 3ヶ月 退職

悩まないナースなんていないと思うが、
冷静に考えると、それだけ前向きに頑張ってる証拠ではないだろうか。

どうでもいいと思ってるのなら、悩まないはず。

悩んで、仕事に行きたくないと思いながら、
職場に行くと、患者さんと仲良くなったり案外良いことがあったりする。

今は怒られるのと悩むのも仕事のうちと考えてはどうだろうか。

自分を客観的に見て、優先度をつけてみると、
案外、解決出来ることは多いもの。

体は環境に馴染もうとするものだ。

すべてはプロになるため、患者のため、今は考え、
前向きになることで、流れが変わってくるだろう。

同じ志しの看護師は全国に大勢いる。

あなたは一人じゃないと気づくと、
また気が楽になるのではないだろうか。

新人看護師 辞めたい

看護師辞めたい

看護師 新人 辞めたい
いつも早く、早くしないとと気が急いで
ろくに患者さんの観察も出来ないくらい追い詰められている日々。

自分は人よりやる事か遅く、
要領も悪く、スタッフには 沢山フォローしてもらうばかり。

その日の振り返り 自分の行動を分析するも、
なかなか思うようにスピードアップ出来ない。

何とか長く勤めたいと思うが、陰口などで精神的に不安定になり、
退職を考える日々。

転職を繰り返す自分も情けない、
精神的に強くならないとといつも思うがそうはできない。

看護師の仕事を続けたいが、こんなに要領が悪く、
仕事も出来ず遅いのに今後どうして行けばよいのか、

次はどんな職場がいいのか、悩んでしまう。

このように悩み、退職する新人は山のようにいるのかもしれない。

要領悪いのは私も同じだった。

陰口も言われただろう。

しかし、陰口を言われているのは、
実はあなただけではないことに気づいていただろうか。

職場の陰口、言うなれば、陰口をいう卑怯な人間は、
誰に対しても陰口を言うものなのだ。

慣れる前に標的にされることはよくある。

それは決してあなたの要領が悪いのが原因ではないのだ。

自分が要領悪いので感じたとしても、
他の分野ではあなたの方が同僚より要領がいいのかもしれない。

要領悪いだけなら、今の職場をやめる必要はない。

あと何ヶ月か辛抱し、慣れたなら、
必ず戦力になれるはず。

問題は人間関係の方だ。

人間関係が精神的にも苦痛なら、
違う環境も視野に入れることも必要だろう。

転職するということではなく、
環境を変えるという意味では部署異動をお願いしてみてもいいだろう。

職場を変えるとまた一から覚えることになる。

それが苦痛でなければ転職もありだろう。

フォローしてくれる先輩がいる、人間関係に恵まれているのなら、
決して辞めてはならない。

要領が悪いなりに、一日も早く仕事を覚え、
少しでも手が空いたら先輩を手伝う。

しかし、自分が忙しかったり、
焦ってる時は開き直るべきだ。

インシデントを起こさないためにも、
自分の仕事だけに集中すべきだろう。

看護師辞めたい

新人看護師 転職

 理想をいえば、残業なしで定時に上がれる。

就業規則で定められた休憩時間が取れる、休みの日はきちんと休み、
深夜入り無し、呼び出しも無し。

しかいs現実は違うようだ。

特に新人の3年間は、勉強会とか看護研究で休みはほとんどなく、
サービス残業は当たり前。

しかし、バランスの取れた良い職場は最近増えているのではないだろうか。

朝出勤しても18時には上がれる日もある。

毎日残業なわけではない。

看護師長が早く上がるように声をかけてくれる、
何かあれば手伝ってくれる。

残業もまるまるサービスなどではなく、、
自分の能力を考えてつけるように促してくれる。

雰囲気が良いせいか、みんなが納得、
それでも文句をいうこともなく気持ちよく仕事ができる。

明らかに仕事忙しかった日は、先輩が、
「今日のは新人もつけてもいいよ!」などとにかく声をかけてもらえる。

残業についての指導は、医療の世界じゃなくても、
きつく指導されることは多く、
提示からはみ出した時間をすべて申告するのは難しいかもしれない。

しかし、それでも気持ちよく働ける、バランス取れた職場を探すなら、
それは可能ではないだろうか。

残業のまるでない職場も探せば出会えるには出会えるかもしれないが、
サービス残業をしながらでも収入になる残業代がもらえる職場も、
人間関係、雰囲気、チーム一丸となった現場でなら納得して働けるのではと思う。

ただ、どうしても納得がいかない現場に身をおいているならば、
しっかりと情報をリサーチすることで、
諦めなくて済む可能性もあると知ってほしいところだ。

看護師辞めたい